• Details page
  • READ:2786

科学的発展中小企業

datetime: 2012-10-22

  科学的発展中小企業:必ず堅実に科学技術革新、自主的創造革新の道を歩まなければならない


  2012年7月5日の新華社新華ネット、人民ネットの報道によれば無錫金田元豊科技株式会社
は党の十七届六中全会、中央経済工作会議の精神を貫徹的に実現するのを堅持し,有機的に現代中小企業の科学発展と結合して,視野を国際、国内「二つの市場」に広げてフレームワーク転回、構造の調整、安定的成長、推進発展の創新実践の中で「自主的創造革新の道を開き,執着的探索で真知を求む」の科学発展の新しい道を歩きはじめて来ました。7.5kWブラシレスモーター、モーター制御装置、二段自動変速機等新エネルギー乗用車用新製品を自主的、創造革新的に研究開発し,国内の空白の部分を補填しました。製品の優れさ、価格の安め、品質の良さで国内新エネルギー乗用車製造業者から厚い好評を受けています。更なる発展を目指しすでに江蘇省新エネルギー乗用車動力総成工程技術中心を成立しました。明らかに科学的発展中小企業:堅実に確実科学技術革新、自主的創造革新の道を歩まなければなりません。
  科学技術革新、自主的創造革新の道は中小企業の困難と闘い勝ち抜く最終目標です。市場経済の変化に状況に対応し,市場競争がより激化し,国内の一部中小企業は「製品のグレードが低く,アップグレードが遅く,市場需要が少ない」の制約が存在しており,企業の発展が遅いく,自主的創造革新能力が強くない などの問題があります。無錫金田精密鋳物有限会社は江蘇省新エネルギー乗用車動力総成工程技術中心を支持すべく引き続いて科学技術革新、自主的創造革新の道を歩んで行き,これは人々にとても良いヒントを与えるようになります。つまりそれは:必ずしっかりと「科学技術革新で成長を安定化し、構造を調節し発展を推進する」という継続的発展理念を立てて より適切に成果を上げて「スローガンを高く掲げ」「強者連合」「産学研一体化連合」「新品開発」「一企一策一研究中心」の道の歩みを堅持して,精兵強将を集中して科学技術投入をより大きくし新製品研究開発を重視し,製品品質を重視して企業の製品が広い市場競争の中で終始不敗の局面を立ち上げます。これと同時に中小企業がしっかりと科学技術革新、自主的創造革新の道を歩むには企業自身が絶えずの努力するほかに、積極的に「中小企業<十二五>科学発展計画」実施及び科学発展方略と措置をよくする、また各級政府の政策傾向と支援を得る必要があり,「政、産、学、研、用、資の一体化連合」など新路を歩まなければなりません。企業の[裂変拡張]の中で時とともに前進し、絶えずに発展し、科学的に進歩します。

  科学技術革新、自主的創造革新の道は中小企業が継続的発展の永続動力です。科学的発展は堅い道理で,技術革新は堅い策略で,技術投入は堅い措置で,新製品開発は堅い任務で,市場を戦い取るのは堅い目標だと言うべきです。科学発展の信念を固めて揺るがずに,状況に応じて有利に導くことを堅持して,科学技術革新、自主的創造革新の道を堅持するのは中小企業の継続的な発展の永続動力として,企業発展の自身追求と発展需要としてこそ激しい市場競争の中で頭角を現すことが出来ます。無錫金田精密鋳物有限会社が成功の秘訣には一つの活気に満ちて強いリーダーチームがあり,一種の知恵で未来を導く真面目な企業精神があり,一つの大胆で命を掛けて戦う企業チームがあって,一つの科学技術でリードし,科学的管理の方法の措置があり,一部の国際的にフロンティアで国内的に先端な知的財産権、特許技術の所有等々にあります。これは中小企業が真っ直ぐに前進出来る必要条件と自身内包の集中した現れです。科学技術革新,自主創造革新の平凡ではない道で多くの構造を調整し,多くの項目を発展させ,多くの難題を解決し,多くのブランドーを創造革新する必要があってこれは時代の科学的発展の要件であり,市場経済発展の需要であります。ですから,必ず科学技術革新の中で勉強し、実践して継続発展可能な中で新しい道を開く勇気が必要で,中小企業が本当に意味で永続発展が得られるように,中華民族の偉大な復興の為に積極的な努力をして素晴らしい成績を党の十八届全国代表大会の贈り物とします。(中国管理科学研究院研究員  宋立群)

問い合わせ

メールアドレス:yangfeiying@wxjtyf.com
電話:0510-81132300-855
ファックス:0510-85430819
QQ:383493631
Copyright2012- WXJTMJ Design .